« July 2006 | Main | September 2006 »

August 30, 2006

日々雑感

日記がたまってしまっているので手短に近況とかを報告。

25日(金)

久々にイベント予定の無い(日曜日に幕張でドルパがあったのだが連れが行かないとの事で
パス)週末という事で会社帰りに連れとおちあって食事。
さくらやホビ館(久しぶり)でDS版FFⅢを購入。

26日(土)

午前中はDSで「おい森」をやりつつ、DSLにFFⅢをセットしてゲームを2本同時進行(笑)。
FFⅢはFC版はたぶんやったことない(記憶に無い)んでストーリー進行が新鮮に感じる。
あまりに広大なマップと長大なストーリーで展開が遅く途中で投げたPS2のFFⅫに比べてサクサク感が
手頃でいい感じ。

DSとDSLを2台ともカバンにねじ込んで午後から秋葉を散策。
移動中も全く暇を感じない(笑)。
ラジ館の中のVOLKS(ボークス)に行ってみたら、WFアフターと称して
レジ前に先日のWFで売っていたガレキ等を不通に販売中。
あの下半身が初号機の綾波レイも大量に売っていてWFに行かなかった人には
優しい販売方法とは思いつつ、あの日朝から頑張って並んでこれを購入した人には気の毒と
しか思えませんでした(私は買ってませんが)。

ゲーム、PC、DVD、あやしげ(?)等をひと通り巡回して雑誌フィギュア王を購入して、食事して帰宅。
夏休みも終わりのせいなのか、いつもにもまして秋葉は人が多かったので疲れました。
しかしソフビ祭りはついに1/6計画でもっすか...なんかちょっと不愉快なのは私だけ(汗)?


27日(日)

去年の愛・地球博が終わってもう1年近いんだなあとか思ってたら何の偶然か
目玉商品の一つであった冷凍マンモスがお台場にまた(半年ほど前にもフジTV に来てた)
お台場に来てるらしい(笑)、こんどこそ最後のチャンスらしい(大笑)ので見学に行くことに。

ユリカモメに乗ってテレコムセンターとかいう駅で初めて降りてこれまた初めて入る
日本科学未来とかいう施設に。
通常は500円といういまどきビックリなチープな入館料らしいのだが今回はマンモス代ということで
1500円(駅前のサンクスで前売り券が1300円で売ってたんで(爆)、200円安く入れた)

場内はお目当てのマンモスは仕切られた狭い中で見世物小屋的に拝観する感じで
そこに至るまでゆるゆると歯の化石やらマンモスのひとくちメモ的な案内書きを見つつ30分ほど
行列すると(もちろん私は終始
FFⅢをやり続けてましたが(笑))行った感じで、
炎天下の中、長時間行列したうえにベルトコンベヤーに乗せられてマンモスの前を一瞬通過するだけ
だったらしい地球博に比べるとなんとも安価で楽ちんにマンモスが見ることが出来て大満足でした。
(ちなみにマンモスの前に到達さえすればあとは飽きるまで何時間でも見放題でした)

んでマンモスのあとに他のフロアも見て廻ったんだけどやはり地球博でトヨタが自慢げに
お披露目していた一人乗りのジョイスティックで運転する未来型小型電気自動車やら
リニアモーターカーやらHONDAの人形ロボットアシモくんやら地球博での目玉展示物が
あちこちでお披露目されていて(飾ってあるだけでなくちゃんと稼動して見せてくれる)
去年高いお金を払って大変な思いをして地球博に行った人たちの努力を踏みにじるような
素晴らしい展示の数々でございました。

通常展示物も人間のDNAやらゲノム関連とか今話題の冥王星を始めとする宇宙関係やら
(どうやらここの館長はあの元宇宙飛行士の毛利さんらしい)とか科学大好きなお子さんなら一日じっくり楽しめる
ナイスな施設でございました。

28日(月)

普通に仕事。

29日(火)

あと10日ほどでパスポートが切れるので都庁に行って更新、あたりまえだけど10年ぶり。
前回は都民じゃなかったんでここに来るのは初めて。
帰りがけに三越のうえのジュンク堂書店によって買物。

新刊で欲しい本がいっぱい。

欲しかったけどとりあえず後回しにした本

  ・ さるまん21世紀・ 愛蔵版(上下)
    相原コージと竹熊健太郎が心血を注いだ『サルでも描けるまんが教室』が、
    新作描き下ろし& ブログ連動企画を加えて、「21世紀対応ヴァージョン」として、
    混迷の漫画界に、今再び「真の漫画の描き方」を問う。 
    (元々好きで復刊希望だったんだが完全版となると絶対に買う...のだが
      同じジュンク堂でも池袋の方の店舗でサイン会があるとかでできればそっちで購入したいなあと
  とりあえずスルー。.明日にでも行ってみるがまだ整理券は間に合うだろうか?)

 ・ 河童の三平 貸本版(上)
   兎月書房版 「河童の三平」全8冊巻を、 上下巻の2冊で復刊。
   各巻に8ページずつあったカラーページはもちろん、オリジナル版表紙をカバー・ 表紙・トビラで全て再現
   (文庫版は持ってるんだよなあ、でもカラーページのためだけに買うんだろうなあ)

手塚治虫「ぼくのそんごくう オールカラー版」
   初のオールカラー・オリジナル版(雑誌初出時以来)で、 手塚治虫 畢生の名作が、今よみがえる!!
これまでの単行本とは違う、オリジナル雑誌バージョンを初収録の上、各回の扉絵もコンプリート収録。
  (6800円もする!高っ!! 3000部限定という数も本当に少ないのか微妙。 でもこういう本ってあとから欲しくなると
   更に高くなってたりするんだよなあ)

あすなひろし「みどりのはな」
  くどくなってきたんで詳しくはか書かないけどこの作品も幻の名作なんですよ。
  初の単行本化だしね。


そんな中、 熟慮のうえ購入して帰ったもの

・三輪明宏「白呪 」(CDです. 本ではないです)
  三輪明宏のデヴューアルバム、2000年にCDで復刻されたものが5年ぶりに再販
  以前のものは買い逃していた上に在庫が残り1枚だったので。
  最初期の若い声でのヨイトマケの唄が聴けます、必聴。

庵野モヨコ「監督 不行届
  買おう買おうと思っていてここまで放置してしまっていたのをようやく購入。
  面白かったです、一気読みしました。
 やっぱり庵野監督のオタク気質には惚れ惚れするシンパシーを感じる。
  メディRAHの庵野帰りマンフィギュアは紛れも無く私のお宝になるだろうことを確信した。

ああああ、久しぶりに大型書店に行くとやっぱりだが欲しいものが無限に沸いてきて困る。
上には書かなかったが写真集やら旅行ガイドやらなんやらのジャンルでもうじゃうじゃとあったり...
つくづく物欲には限りが無いことを痛感(汗)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2006

WF2006 夏 レポ 7(総括・まとめ)

あれからもう一週間たってしまったんですね(笑)。

今週末は久々にイベントも無く、しかしノンビリするでもなく
あちこち出歩いたんですが、それは別途書くこととして、とりあえず
日本一のろまなWFレポを総括と言うようなご大層なものではなく
雑感を書き留めることとして締めくくりに替えたいと思います。

今回のWFで夜夢が感じたこと、(順不同)

・やはりWFは東館開催のが巡回しやすい、アトリウムとか2フロア間の
  エスカレーターでの行き来は勘弁かも。

・全体的にはローゼン・メイデンの天下だったかも。

・怪獣もの(ガレキ)は横ばいながらある程度の水準を保ってるかも。
  やはり前回に比べガメラ系は少なめ、円谷は帰りマン以降のキャラが増えてきた感じ。
  作り手側の年齢層のヴォリュームゾーンの関係かも。

・怪獣もの(ソフビ)はあいかわらずのオリジナルものの人気が優勢かも。
   しかし新作少なめ、小手先の色替が多かったかも。
  全体を見渡して今回のこれは凄い!というものが今回は見当たらなかったかも。
  (前回は怪獣タワーの初売りにこれを感じました)
  ちょっとディーラー乱立気味かな、あと原料や中国の工賃の問題か全体に
  価格帯が上昇した感じ..今まで5000円ぐらいがSTサイズ1個の目安だったのが
  8000円ぐらいになってた感じ。正直、色々買うには結構きついかな。

・食玩系ははっきり退潮傾向。一時期はWFのメインはこれだった感じなのが
  今回はどうしちゃったんだろ?一時的なものなのか、どうなのか?

・今回は海洋堂自身のたち位置が不明で何に力を入れているのかが感じられなかった感じ。
  前回はリボルテック(だっけ?うろ覚え)にえらいリキ入ってったんだけど。


まあ何だかんだで相変わらず楽しかったですよ>今回のWF
暑さが半端じゃなくて体力的にいつまでついて行けるかわからんけど(笑)、
きっと次回も参戦するでしょう。

といった感じでWF2006夏のイベントとしてのレポはオシマイ。
買ったものの紹介はまた少しづつあるかもですが。

(おわり)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2006

WF2006 夏 レポ 6(買物3)

(前回から続く)

M1号さんでの買物を済ませた後に再びAゾーン方面へと戻りつつ
途中のBゾーンでトイグラフさんへ立ち寄り。

今回は極少数の初ゴジとヘドラは予算の都合であきらめ
80個と割合数が多目の怪獣レーサー限定版(ピンクカネゴン、ピンクブースカ、ガラモンの
組合せがまさにイベント限定!)と予算が許せばウルトラマンVSナメゴンを
購入させてもらおうと言う魂胆でした。

んで目論見どおり初ゴジ、ヘドラ以外はまだ入手可能だったので
まずはレーサーをゲット。


通販で販売されたときにも少し思ったのは3種セットで8000円という
販売方法はちとキツいかな..(汗)。
今回は豪華な3匹だったので思い切りましたが正直なところ
イカルスとかアーストロンは...いらないかなあといった感じで購入してません。
(トイグラフさんごめんなさい、)
今後は販売方法をちょっと考えるとのことでしたのでお財布に優しい方法で
展開されると嬉しいかなと思いつつ、そうすると売れにくい怪獣もあるよなあとも思いました。

んでもってウルトラマンVSナメゴンですが、

かなり迷いましたが結局スルー。
推測ですが多分後日一般通販で別カラーがリリースされるであろうと
思い、今回は涙を呑みました(大げさ)。

んでもって当初予定の一般ゾーンでの最期のお買物をしに
アトリエG-1さんに向かいました。

今回アトリエG-1さんでは新作として軟質版ミニラ、トトVSジータスの各キット、
再販商品として乳白色成型のヘドラが販売されてました。
あとゲストとしてイワクラの原型室長の井野さんが初ゴジデミキットを販売されてました。

トトVSジータスは奥田さんのハンドメイドでの完成品を既に購入済みなのでいいとして
残りの商品はどれも欲しくて困ったのですが、ここでも予算の都合上色々と
あきらめて奥田さんのカスタムペイントヘドラ(あとで画像載せます)と
井野さんの初ゴジのベース付きキット(3000円で完成代行をしてくださるとのことだったので
迷わず頼みました。作例通りには作れませんし>私)
井野さんとはイワクラの製品(特に前日に届いた3猿の話や奥田さんと今後の予定の
話などをさせていただいてその場を離れました。

この時点で11時30分ごろでした。

ここで一旦連れに電話してここまでの状況を説明して、企業ブースへ向かうことを告げ
出口(というかDブースへの通路)へと向かいました。

んで御土産がわりというかなんというかオフィシャルグッズブースへ行って


10分ぐらいでしょうか?
行列に並んで開封用と保存用という事で2セット購入しました。
あとから聞いた話だと閉会直前まで残ってたとか完売しなかったとか
その頃だと待ち時間無かったとかいう話ですが、まあどれぐらい数があるか
そのときは不明でしたし、何時に帰るかもわかりませんでしたから
しかた無かったですね。



グッズ自体の出来は造型も塗りも水準以上の出来で気に入りました。
パケ裏はエヴァ風のレイアウトなんですがかかれている文言が
ワンダちゃんはポジティブな単語、リセットちゃんは、そのリセットちゃんたる
ゆえんですが(笑)。ネガティブな単語があしらわれていて洒落ています。
転売屋、開催中止、ペナルティ、もうオクにながれてるよ、とか読めますでしょうか(笑)。

結局企業ブースは他はどこも見ずにA-Cゾーンに戻り、連れと合流し
そのまま食事をしにいって、そのあと改めてAから順に気になったものを
写真撮影して廻りました。
その合間合間にくらげさんやシュガードラゴンさんと出会い、
近況や今日の様子などを立ち話などさせていただきました。

全部廻るつもりでしたがCゾーンの途中ぐらいで挫折し、
連れはここで会場を離脱。
私は改めてくらげさんと連絡をとって合流し会場の外でお茶をしながら
有意義な話を聞かせていただき帰路に着きました。
ここ数回でこんなに遅くまで会場内に居たのは久々です。
何をしていたわけでもないんですが巡回の速度が年齢のせいで遅くなったのかも(爆)。

そんなこんなで今回のWFでのお買物は終わったのでした。

あと1回個人的総括をしてWFレポを終わらせたいと思います。

(続く)

| | Comments (9) | TrackBack (0)

August 23, 2006

WF2006 夏 レポ 5(買物2)

WFレポをアップしている期間はやっぱり閲覧者が増えますね。
こんな駄ブログですら。

というわけでお買物の続きです。
通常、欲しいものの買物タイムは入場して約1時間が勝負。
体力も財布の中身もそして欲しいものの在庫もだいたいそれで尽き果ててしまうものです。
そこまで完了したらコインロッカーに戦果物をぶち込んであとは写真を撮ったりなんだりで
まったり過ごすことが多いです。

(前々回から続く)
ランブル・モンスターズさんから結構離れたところにあるデンボクさんブースに
速やかに移動しつつ、5,6人の列の最後尾に着いた後に本日の販売物を目でチェック.
(デンボクさんは告知していても販売されないものが多々あるのです)
やはり今回も告知されたものの内、いくつかはNGでした。

ここに写っているもの内トリトン以外はいずれも販売ナシでした。
私の欲しかった宇宙パトロールホッパ(宇宙っこジュン)も金型不良とかで
販売されずotz.再販されるといいんですが。

それにめげずに並んでいると二人ぐらい前で劇場版009が完売とのこと。
(一番人気?)
いくつでたのか不明ですが一番先に完売したようです。
次に人気があったのが宇宙戦艦ヤマトのガミラスのヒスほか3種.
たぶんデンボクさんが一番数を準備してきた様子だったアパッチ野球軍の
網走はあまり売れていなかったような感じでした。
アパッチ野球軍ソフビは他のブースでゲリラ的にデンボクさん作の
オケラ

が販売されていたのを目撃したので他のキャラもシリーズ化されるといいですね。
個人的にモンキーとダイコンが欲しいです。

んでもって自分の順番が来たんですが並んでいる10分ほどの間に熟考して

幽霊船のゴーレム購入。
なかなか迫力あっていいです。朝の時点ではこの成型色のしかなかったんですが
帰りがけに通ったときは水色成型のも売ってました、そっちのがよっかたかも(爆)。

んで次にデンボクさんから近い場所のCRONICさんに移動。
ドロガミシリーズ第2弾のノウガキを購入。
何度か購入させていただいているうちに顔を覚えていただいたようで
お疲れの模様のところ少しだけ談笑させていただきました。

次に前回の冬WF に原型が展示されていて気になっていた怪獣軒さんの
当日限定オレンジブースカを見に行きました、
これまで居たAゾーンから結構ほてほてと歩いてCゾーンへ
...が、結論として同時に展示されていた
通販限定色の茶色の方がいい感じだったのでスルー。

折角Cゾーンまで来たのでM1号さんのブースの様子を伺うことにして
(購入品は予約済なんだけど先着でオマケプレゼントがあるとかで...)
結局そのまま予約してあったフジ&アンヌ隊員ソフビを購入して
サイン会列の方へ並ぶことに。


フジ隊員は以前に隊員服版を購入しているんですがアンヌ隊員は初めてだったかな?
(まあ、でもはっきり言ってサイン会対象商品でなかったら購入しなかったでしょう)
手前に見えているウルトラマンのCDも対象商品だったので冷静になって考えてみると
写真にも見えているオマケのマンモスフラワーがいらなければCDを購入するのが一番
安価にサインをゲットできる方法だったかも。



まあ、しかしお二人とも実年齢が信じられない艶やかさでオールドファンには
至福のひと時でありました。

M1号さんブースでは11時から1回500円で輪投げ大会をやるとのことでしたが
ちょうどサインを貰い終えたのが10:55分頃だったので、そのままそちらの列に移動して
輪投げを2回1000円分(6投)してみたのですが惜しいのは数回あったのですが
台座部分に輪がかかりNG。残念賞のミニソフビ群の中から金色ユートムとナメゴンを
チョイスして退散しました。

(続く)

| | Comments (1557) | TrackBack (0)

August 22, 2006

WF2006 夏 レポ 4(場内写真公開)



画像は今回のWFで見かけた一番の勇者.
あまりにかわいそうなのでアップにしないで遠巻きに撮ったんですが
柱にもたれつつ膝立ちでしゃがんで両手に各々1枚づつお盆を持って
右手に牛丼6杯ち左手にカレーライスをふた皿持っておられます(笑).

彼がどうした理由でこういうポーズでこういう状況になっているのか
知る由も無いんですがこれはかなりきつい体勢だと思われます.
私なら2分と持ちますまい.
それにこの状態からじゃひっくり返さずに立ち上がれないよ.
顔は伏せてありますが当然けっこう悩ましい表情をされておりました。

というのは前ふりで。

例によって私の当日行動記をレポしてるわけですがいつものことながら
いつ終わるかわからないだらだら長文になっておりますので
一足先に会場内でとった作品の写真をアルバムに仕立てて公開することとしました。

インフォシークフォトというところに作ってありますので見たい方はしたの
リンクをクリックして飛んでください。
結構ばしゃばしゃ撮ってるのでディーラー名とかがわからないところが
多いのですがそこは笑って許してくださいませ。

http://photo.www.infoseek.co.jp/AlbumPage.asp?un=120937&key=1626462&m=0

↑ココです.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2006

WF2006 夏 レポ 3(お買い物)

夜夢のお買い物のメインは常連さんなら御存知でしょうが
怪獣物、とりわけ怪獣ソフビであります。

今回のWFは怪獣ソフビを販売されたディーラーさんが近来ないほど
多かったです。
ひとつのディーラーさんが各々数種リリースしてましたから
総数は一体いくつだったんでしょうか(汗)。

隆盛というか爛熟というか少々乱れ咲き気味だったかもと思いました。
あとから思うとあのときがピークだったね。
なんていうことにならなければいいけど…

まあ、それはそれとして(笑)
お買い物をするに当たって買いたい物、買えそうな物を選び当日に臨むのが
常なんですが、正直今回はぎりぎりまで迷いました。
図抜けて欲しいものが無かったです、ピンピンの新作で。
大半が色替、焼き直しのたぐい。
それでも今まで持ってなかったものも多いので順列をつけて巡回することと
しました。

入場して最初に向かったのがランブル・モンスターズさんのブース。

(写真はあとから撮影巡回時に撮ったもの)

当日限定のダムドロンとサーティーンですが、到着時で
既にサーティーンは完売していました。
ダムドロンはまだ間に合ったので購入させていただき、すぐ次に向かいました。

ランブルさんのブースでほかに展示されていたものも
あとから撮らせてもらったので紹介しておきます。






次に向かったのはデンボクさんのブースでした。
お目当てのものは宇宙パトロールホッパのソフビでした...

(続く)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

WF2006 夏 レポ 2(出発-入場)

( 注意)
以下のレポは夜夢の個人的な行動記であり、WFのごくごく一部の側面をかいつまんで
報告しているものに過ぎません。
あの膨大なイベントですから1人で見て廻れる範囲などたかが知れたもの。
なるべく正確な全容を把握したいと思った方はなるべく大勢の色々な方のレポを
併せ読むことを是非お勧めします。
  また記述内容には曖昧な点、私が感じた私的感想が事実と異なる部分があるかも
しれませんが、なま温かい目で軽く読み流してもらえれば幸いです。

とは言うもののなるべく客観性を保つために極力簡潔な文体で淡々と書き進める所存です。
(膨大な内容になりそうなので(笑))
たまに本音が見え隠れするとは思いますがそこはそれここだけのハナシということで。

朝、4時30分起床。
目覚ましをかけてあったが5分前に勝手に目覚めるw。
通常だと前夜は早めに寝て翌日に備えるのだが今回は野暮用があって夜の22時ごろまで
某友人たちと代々木公園の芝生の上でお酒を飲んでました(爆)。
そんなこともあって寝過ごす予感200%でしたがとりあえず2度寝もせずに連れと共に
4時50分出発。
荷物は先週のコミケで作ってあったカバンをそのまま持って出ればいいだけで楽ちん。

電車を乗り継ぎ無事大崎発のりんかい線始発に乗車。
5時30分過ぎに国際展示場駅に到着。
列の最後尾に向かって移動。
年々始発到着時の最後尾位置は伸びる傾向にあり前回(2006冬のときは始発の次の電車で
現地着して大橋の真ん中辺だったのだが、今回は始発でも橋の上3分の1付近。
6時ぐらいに列位置が決まり折りたたみイスを置いて待ちの状態に入る。





天気が良くてかなり暑い中音楽を聴きながら文庫本をひたすら読み続ける。

途中連れと代わりばんこにコンビニに行きお菓子や飲料を補充しつつひたすら待つ。
橋の欄干の下に腰掛けると背中に風が流れ天然の冷風扇状態であることに気づきイスを列に残し
以下ずっとそこに座り続ける。

9時、大阪からの友人と話をしていると列全体が前から波状的に立ち上がり始める。
各々の位置に戻り暫く待つと列圧縮が始まる。
じわじわと列の前進が始まり9時40分ごろには大階段を上って左手に曲り東館のウォークスルー
過ぎの辺りに外から入れる入口に向かう陸橋付近で列が止まり、そのまま10時の開始時間を
迎える。

そのまま一気に会場内のC(一般ディーラー側)とD(企業側)の分かれ目のところまで
進み、C側から入場(10時10分過ぎ?)。
連れと別れそれぞれのお目当てブースへと向かう。
中は既に戦いも佳境な感じ。

(続く)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

WFレポ 1(イントロ)

お疲れ様です。お早うございます。
WFに参加した一般参加者、ディーラーさんにおいては今日は休みをとって
ノンビリしておられる方も多そうですが、私は普通に会社で仕事です(爆)。

やっぱりWF翌日はダルいですねえ。
歩きすぎてとか(今回滅多にないことですが足の指にマメができました(笑))、
荷物が重すぎてとかの筋肉疲労とかよりも暑さによるバテ(水分補給とかには細心の
注意をしましたがそれでも脱水症状気味だったかも)が相当きていたらしく
昨晩は体が火照ってのぼせた感じがしてペットボトルのお茶、水を飲んでも飲んでも
喉の渇きが収まらず水に近い冷たいシャワーをガンガン浴びてきつい冷房が効いた部屋でも
体が熱く感じてなかなか眠ることが出来ませんでした。

色々と買ってきた物はまだ写真どころか紙袋の中でまだ手付かずの状態です。

会場の中で撮ってきた写真はかなりの量ありますがまだ未整理です。
とりあえず、このあとWF2006夏の総括含みの1日の行動の流れを報告して
画像サイズだけでもざっと整理した写真をどっかにアップしたいと思います。
もう少し時間をくださいね。

では後ほど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2006

WF終了

お疲れ様でした>参加者の皆さん。

先ほど帰宅しました。今回現地滞在時間が長すぎたかも。
いやあ、暑かった。
バテました。

例によってレポは後ほど。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 19, 2006

3猿キター

今日は幕張メッセでキャラホビ開催中っすね。
サンガッツさんとかお友達で参戦中の方もおられますが
私は明日に備えて体力とお金をセーブ中なので自宅待機中です。

コミケのお買い物レビュー記事をアップせねばと記事を書いているところに
唐突に宅急便が到着。

イワクラさんからデスタ。
ということは.....

1年間以上待たされた、3猿ダー

箱デケー!

WFの前日に届くなんてできすぎた話で気味が悪いですw。
破損交換は10日以内ということで早速検品がてら開封。


逆襲猿。
写真ではわかりにくいかもしれませんがベースがありえないヴォリュームですw。
箱のでかさの謎がわかりましたw。
猿本体はガチャポンサイズなんですがねえ。


魔神猿。
これまたすごい出来。
画像に写ってますが線路脇の電柱が2本ほど最初からへし折れてたのは
御愛嬌ですがw。
まあ猿が折ったということで瞬着で補修すればいいことですが。


鋼鉄猿。
意外やこれが一番あっさり風味かも。
もう少し汚し塗装があっても良かったかもしれません。

明日、WFでもイワクラ製品の限定版がでるようなので
いくつか買ってしまうかも。

同梱された書類に植毛版の第二弾の案内が入ってるんですが…

3体で5万円はきついかもw。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2006

優先順位(悩)

半分ぐらい同人誌読み終わりました。
読みながら表紙の写真撮ったりしておりますので近々紹介できるでしょう。

一般書籍に比べるとヴォリューム(ページ数は)薄いものが大半ですが
その分、内容の濃縮度は高いので読むのに時間がかかります。
というか老化現象で本を読むスピードが鈍ってるだけなのかもしれませんが(爆)。

WFのガイドブックも一通り読み下して興味のあるディーラーさんのページをドッグイヤー
したりしております。
あとは会場地図のブース駒にそれを書き写していって当日の巡回順を決めなければ
ならないのですが例年に比べ難渋しております。

一番買いたいもののあるブースに真っ先に駆けつける!
そう、これはまあなんら依存のないところなんですが、今回はここ数年に比べると
絶対にここが一番と自分の中で断定できる逸品が決めにくかったりしています。
アレかアレかはたまたアレかアレなんでしょうが(笑)。

そして2番手以降については更に難しい。
単純に欲しいもの順で繋ぐと移動距離が多くなって無駄が生じたり。
WFなどにおいてはなるべく短時間にたくさんのブースを廻ってしまうのが
最適解だと思っております。
長い行列が出来るブースで時間をロスしてる間に先に廻れば買えていた
ものを一足違いで買い逃したりするのは愚の骨頂。

んでは1番先にいったところから近い順で単純に廻るのが良いかと言えば
発売個数やら人気度やらを考慮して行くとそう単純でもなく。
予約を受け付けてくれているところやゆっくりでも買えそうな所は
前を通りがかっても後回しにしたりとか...

とにもかくにも最初に行く場所を決めないと後のことが決まりません。

ここまでしてプランを練り上げていったにもかかわらず当日行ってみると
「間に合いませんでした、版権降りませんでした」みたいなことがあって
ガチョーンみたいなことも多かったりして...
逆にカタログに無いゲリラ物が販売されることも多々あったりして
ノーマークで通り過ぎたブースにお宝が埋まっていたと後で気づいたり...

とにもかくにもいよいよ待った無しの感じになってきましたねえ。

お天気がちと微妙ですが暑さ対策と雨対策を万全に整えて当日、元気な顔で
お会いしましょう>参加者の皆様。
笑顔とともに成果報告を色々と聞かせていただくのも毎回とても楽しみにしているので
あります。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 15, 2006

収穫物読んでます

昨日は朝っぱらから停電でてんやわんや。

めざましTVを見ていて愛ちゃんの体操キャラバン中継が終わって
アヤパンが次のコーナー紹介をし始めたところでブーンという音とともに
全ての宅内電気機器が停止。
しばしポカーンののちパニック。
まだ着替えも済んでなかったので真っ暗闇の中停電はうちだけなのか
そうでないのかもわからずとりあえず着替えを発掘。
部屋に居てもエアコンが止まって汗だくになるだけなので
いつもより20分近く早く出かける。

お盆という事で電車はガラガラ。
西武線は影響で若干の遅れ、JR山手線は無事だったゆえ通勤に支障は無かったんですが
地下鉄東西線や田園都市線、ゆりかもめ等等はかなり長時間止まっていたらしく
大変な騒ぎでした。
停電がもう少し昼間の時間帯で起こっていたら仕事でもPCとかが落ちたりなんだりで
シャレじゃなく大変だったでしょうがある意味この時期この時間帯で助かりました。

前日だったらコミケ開場や開場に向かう人々は阿鼻叫喚の地獄だったでしょう。

といったわけでいらぬ神経を使ったせいか帰宅後は食事とともに
睡魔に襲われつつひっしのぱっちで買ってきた同人誌を読み耽ってました。
読まなきゃレビュー出来んもんね。
レビューしたところで市販されてる本でもないんで気になった人が気軽に
入手できたりするわけでもないんですがね。

WFもガイドブックを更にチェックしつつ各ディーラーの追加情報をネットで
拾ったりしてます。

ランブルモンスターズさんがダムドロンとサーティーンの発売を告知されてますね。
トイグラフさんも怪獣レーサーの限定色とマン対ナメゴンの画像が出てます。
レーサーはカネゴンとガラモンという人気者の組合わせがちと嬉しいかも、8000円という値段は
気軽に買えるとはいえないんですが。
あとM1号さんからは当日発売物の告知&予約案内のDM葉書きが到着。
フジ隊員(紺ブレ版)とアンヌ隊員のセット(サイン会あり)とメガロの再販。
サイン会もあれですが輪投げもあるよとの記述の方が気になったり。
まあ予約制自体は当日あたふたしなくてすむので歓迎です。あちらも販売数の見当が付いて
やりやすいでしょうし。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2006

コミケ70最終日 個人的参戦レポ

コミケ70のレポがあちこちで上がってきていますね。

とりあえず興味のあるひとはコミックマーケット70 リンク&感想・ レポート特設ページとかを
見ると効率いいかもです。

あと初日の模様を割りとよく纏めて捉えているフジTVの夕方のニュースの動画
ヨウツベに上がってますのこれもリンクしておきます。
この映像でも結構キてますが、最終日はこれの5割増の混雑ぶりを想像してもらえれば
大体理解してもらえ...いや、わからんな。あの凄さは(笑)。
現場に来てもらわんとあの凄さは文章では伝えられんよ。

というわけでどうせ無理なので極力感情を省いた内容で個人的コミケ70最終日の
巡回記録を書き記します。

今回デジカメ持っていってないので現地写真は無いっす。
まあコスプレは場内撮影禁止なのでWFと違って撮る写真も無いのだが。


5時30分起床、6時15分出発。荷物等は前日の物をそのまま使えるのでラク。
傘のみビニル傘をやめ折りたたみにチェンジ。

当然この時間では始発電車ではなくいわゆるぬるいスタートなんだが
企業ブースとか長蛇の販売ブース列のいわゆる壁さんのところでお買物を
する予定が無いのでマ、いいかといった感じ。
開場まで1時間弱で着けるというのは地方在住者にとってはそれでもかなりの
アドバンテージかと思う。

7時過ぎにりんかい線国際展示場駅着。
昨日はなかった駅構内でのロープによる各所を遮断しての列誘導が実施されている。
やはり最終日。

待機列自体も昨日の様に東館行きと西館行きとで分けて誘導はしておらず
全員ひとつの長大な列である程度(2-3000人?ぐらい)づつ区切って当たり一面に並ばせる
例年通りの方法。
WFなどの並びと異なるのは列の前後の人との間隔の強制圧縮が物凄く
くつろいで座ることなどは不可能なところ。
イスを持参していない人は当然のごとく体育ずわり状態で居続けることとなる。
私は3脚式の折りたたみイスにて座って待つ。
昨日東急ハンズにて買った首に巻いて冷やす保冷剤を家に忘れてきてしまったことが判明。
この時点ではカンカン照りではなくハナぐもり状態だったがそれでもヒリヒリしてきそうなので
ウェットタオルを首にさらして暑さを防ぎつつ音楽を聴きながら文庫本を読み続ける.

9時ごろ列移動の声がかかり立ち上がって待つ中少しづつ少しづつ前進。
10時ごろまでダラダラとそんな感じで進み大階段を正面に見つつミギテニカフェヴェローチェが
見える辺りで10時。前から波のように拍手が流れてくる。
開場。

10時15分過ぎに連れから国際展示場駅到着の旨電話が入る.
無理せずお茶でも飲んでから入場するように指示.中で後ほど落ち合う事とする。

列はスムーズに流れ始め10時20分過ぎには場内へ突入。
西館側へと向かう、全体的には6:4で東に行く人が多い感じ(もちろん場外にある企業ブースへ
行く人も総数の何割かの大勢であるのは言うまでもなし。)

本日の第一目標のジャンル その他・評論のシマへ突入。

今回の第一目標であった漫画家唐沢なおき氏のブースにて付録ソフビ付「パチモン大王別冊」を
購入。
他、事前チェックしてあった物、当日拾ったもの、逆に事前チェックしてあったが実物見てスルーしたもの
など色々(後日別途一部紹介予定)

15分程度巡回の後第二目標の自作ゲーム分野のシマに行き巡回。
しかし思いのほか食指の動くものが無く(正確にはいくつかあったのだが後日秋葉等でも
買えそうな物はスルーすることとした)ほとんど何も買わずにハード絡みの本など買いつつ
シマを散策しているところに連れから電話。
思いのほか近くにいることが判明したためさくっと合流して以後一緒に廻ることとなった。

このあと予定ではゲーム音楽&自作音楽方面に行く予定だったのだが
連れの体調があまり優れないようでもあり長居は無用と音楽系をオールスルーことにして
東館方面に移動することにする。

東4,5,6に移動して「びんちょうタン」の作者さんのところとか漫画家の国樹由香さんのところとかにいって
挨拶&購入。

12時を過ぎて入場規制が外される。
ということは、このあとまた一段と混雑が悪化するということ。

更に東1,2,3を若干散策。
このぐらいの時点で連れの体調が更に悪化、機嫌が悪くなってきたので最期に連れの見たかった
ジャンル自作ドール系のシマを見た後に外に出て食事をとることにする。

いつも行ってる大塚家具とかが入っているビル内の中華料理屋「翠龍」さんで食事。
買ってきた本を読んだりしながらまったりと過ごす。

13時ごろ食事を終えもう一度場内に戻ろうか、やめようかという話になるが
連れの体調から長居は止めた方が無難と判断。
場内に来ているかもしれない連れの友人に携帯をかけてみて来場をしていない旨を確認した後
帰宅する。

ろ帰宅、大崎から、山手線に乗り継ぎ14時30分ご帰宅。
程なく二人とも沈没、22時過ぎまで爆眠。
やはりあの時点でさっさと帰ってきて正解だったと思う。

といった感じで大過なくコミケ70への参戦完了の巻。

余談だが翌日7時30分頃から帝都は大停電。うちも30分弱遭遇したのだが
りんかい線、ゆりかもめは数時間も不通だったとか。
これが昨日の事でなくて良かった。
もしそんなことが起こっていたら.....ガクガクブルブル(了)

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2006

コミケ70参戦完了

夏コミより帰還しました。

今日はひたすら暑かった&人大杉。

例年のことですが最終日の混み方は別格で通路の混みかたも
昨日の比ではなく場内移動だけでもずんずん体力を削られました。

目的を一通り散策した後、現地で食事して15時ごろ帰宅後
先ほどまで4時間ほど沈没、爆睡してました。

まあ、しかしこの試練に耐えておくと来週のWFでの行列&散策が
随分と楽になったりもするんですよね。

個人的レポ&総括、戦果報告はのちほどということで。
とりあえず参戦者一同お疲れ様でした&お休みなさい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2006

コミケ参戦初日

コミケ70の二日目に参戦。(漏れ的には初日)
とりあえず今日の行動を書き留めておく。

6時起床、6時30分出発。
ポン子さんは体調不良のため一人で会場へ向かう。

7時20分過ぎ国際展示場駅到着。
東館列の最後尾へ向かう。
7時40分過ぎに東館裏側の海岸沿いの駐車場内の列最後尾に到着。
ハナ曇りでカンカン照りではないので極端に暑くは無い。

9時頃より列移動開始、ダラダラと東館入り口方面に列が動き
東館の裏口側のシャッター前の人気ディーラーの列を眺める形で10時を迎え恒例の開場のアナウンスとともに一斉に野拍手が起こる。
さらにダラダラと列が進み10時10分過ぎに場内入場、とても順調。

本日の目的ジャンルは東館の特撮と西館の旅行。

東4のム付近の特撮ジャンルの島を巡回。
事前にチェック済の本を買ったりスルーしたり、逆に現地で
見つけた本を衝動解したり。

10時40分過ぎに西館方面へ移動、旅行ジャンルの島を探索。
11時10分過ぎに完了。

もう一度だけ東に戻りちょっと気になったところを再チェック、11時50分頃には完全に終了、場外へ脱出。

りんかい線で帰宅。
12時10分過ぎ、馬場まで戻り昼食を取ってる最中にポン子さんから電話がある。

この頃から雨が降り始める、コミケ会場にいるときでなくてラッキー。

馬場でおちあい二人で新宿へ移動、東急ハンズで買物。
この頃からカミナリすごくなるが一番すごいときはずっと店内で買い物中で助かる。

高島屋内のディンタイフォンでショウロンポーなどを食べ外へ出る。

雨小やみに。

ゲーセンで遊んだりFEWMANYで少し買物をしつつ帰宅。
西武新宿駅で山手線再開のアナウンスあり、止まってたんだw。

19時30分、帰宅後、沈没。
22時30頃まで熟睡。

明日へと続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2006

夏コミだあ

さて(なにがさてなのかw).

いよいよ夏イベントラッシュ開始ですね。
本日から13日まで三日間はコミケです。
といっても平日でお盆休みのない仕事をしているので今日は行けないで
スルーなんですが。
明日、明後日は頑張ってきますよ。

成果は報告しようか、しまいかw。

そしてこれまたついにガイドブックが発売されたWF!
(私も昨晩、早速購入して帰宅してしるしを付けながら読み始めています。

くらげさんのところで詳しくピックアップされてますが
今回ソフビブース多いですねえ。アイテム数もかなりのものになりそうです。
当然全部は金銭的にも物理的にも購入できないのでいつもどおりに
鉛筆なめなめ優先順位をつけたりしています。

人気ディーラーさんのものは徹夜でも入手困難だったりしますからねえ。

ソフビ以外のものでも買いたいものもありますし毎度のことながら大変です。
私は行きませんが前日には幕張でキャラホビもありますのでそちらにも行かれる方は
肉体的にも財政的にも物凄いことになりそうですね。
人形もの的にはWF当日には名古屋でドルパもかぶってるし、月末には幕張でも
イレギュラーなドルパもあるそうですし...

皆さんそれぞれお目当てのイベント目指して頑張りましょう。
もちろん私も頑張ります。
地方からの参加者さん(ディーラーさんも一般参加さんも)達と半年振りに
お会いできたりするのも楽しみです。
元気に近況を語り合いましょう。

ではまずコミケから..開始!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

August 03, 2006

インチキ

プロボクシングは純粋スポーツ競技ではなく興行だとはわかってた。
(アマチュアボクシングはスポーツ競技)
プロモーター(興行主) が会場を決めルールの範囲内でリングの大きさを決め
(ちなみに今回はルールの枠内ギリギリの狭さでやったそうです。相手が逃げ回れないように
との作戦だそうです(笑))
ジャッジを指名し開催時間を決め...

そうして成り立つ見世物だとは理解していた。

でも、

でも、

試合結果まで決めちゃいかんでしょ!?(爆笑)

あんな不細工な見世物見せられちゃタダでTV観戦してた私でもムカつきましたが
高い木戸銭払って見に行った純粋なボクシングファンは納得するの?
(観客の大半が亀田信者だからいいのかな(苦笑))

まあこれで亀田はWBA世界チャンピオンになったわけですな。
けして同クラスでの世界最強ボクサーとは思いませんが。
IWGP世界ヘビー級チャンピオンが世界最強レスラーとは誰も思わないのと一緒。

わかったのはWBAっていうのがもう少しまともな競技団体かと思ってたのが
単なる八百団体だったていうこと。

大体、チンプになる前から次回の防衛戦を大晦日に決定しているTBSが世間をなめてるし、
そんなのに押しやられて30日開催に変更になったレコ大も情けない。
まあ、あっちも八百イベントだからちょうどいいのか(笑)。

昨日は荷物が2件到着、

CRONICさんからサイト通販限定ドロガミ3種。
アトリエG-1さんから 組み立て彩色済 トトVSジーダス。

どちらも作家さんの個性をうまくだした名品で暫し手にしてうっとりな気分だったんだけど
インチキなボクシングを見てしまいそんな幸福感がぶち壊しになったのでありました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« July 2006 | Main | September 2006 »